空き家活用のススメ

空き家を活用する方法とそのデメリット: 物件管理・修繕費用のリスクと対策

空き家があるというのは一見すると、ただの"空き"ではなく、未活用の資産と捉えることができます。しかし、そのままにしておくだけでは、家賃収入を得ることもできず、むしろ維持費用や固定資産税などの支払いが発生します。そのため、「家を貸す」という方法が注目されています。

その一方で、「家を貸す」ことにはデメリットも存在します。その一つが、物件管理と修繕費用のリスクです。ここではそのリスクと対策を解説し、空き家を有効活用するための知識を深めましょう。

まず、「家を貸す」ことのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットは、家賃収入を得られることや、空き家が社会問題となることを防ぐ点です。しかし、デメリットとして挙げられるのが、物件管理と修繕費用のリスクです。特に、一戸建ての場合、マンションと違い修繕費用が発生する可能性が高く、借家人が入居している場合、その費用は大きくなることがあります。

では、どのようにしてこのリスクを回避または最小限に抑えるのか、その方法について見ていきましょう。

まず、貸す前に物件の査定を依頼することが重要です。不動産会社に依頼することで、物件の状態や賃料相場を把握することができます。そこで発見した欠陥などの修繕が必要な箇所は、入居前に修繕しておくことが望ましいです。

次に、物件管理会社に管理を委託することも一つの方法です。専門の会社に管理を任せることで、修繕の必要性やタイミングを適切に判断してくれます。また、賃貸契約の結び方や家賃の設定についてのアドバイスも得られます。

しかしながら、物件管理会社に委託することも費用がかかります。そのため、家賃収入と管理費用を天秤にかけ、自分自身で管理するか、専門の会社に委託するかを検討する必要があります。

また、修繕費用のリスクを抑えるためには、修繕積立金制度を利用することも有効です。これは、家賃収入の一部を修繕費用として積み立てておく制度で、大きな修繕費用が急に発生した際にも対応することができます。

最後に、土地や建物の相続がある場合、それを売却し、得た資金でローンを組んで新たな物件を購入し、それを貸すという方法もあります。この場合、新し物件の修繕費用は新築時に比べて少なく、賃料も高く設定することが可能です。

家を貸すことは、未活用の空き家を有効活用し、収入を得る一方で、物件管理や修繕費用のリスクも伴います。しかし、適切な対策を講じれば、そのリスクは最小限に抑えることが可能です。空き家を持つ方は、是非とも参考にしてみてください。

(c) 空き家活用のススメ